体や心からのシグナルを感じ、

自身のセルフケアができる声の新たな使い道

”今ここ”に立ち返るひと時

ボイスヨガとは?

ABOUT VOICE YOGA

ヨガとは… サンスクリット語で「つながり」という意味で、

BodyーMindーSpiritが、三位一体つながっている状態のこと

その状態へ、体のポーズを使うヨガだけでなく、

「声」という響きからでもなれることをお伝えしたく、

​当サロンの “ボイスヨガ" は 生まれました。 

~唯一無二の自分のhibikiをとおして

自分の体内、心、空間のキビと向き合う ひと時…

声は波動振動でもあります。

それを、丁寧に質感を大切に感じていると、

じぶんの体内や心や呼吸の状態が現れてきます。

実際、リードのhibikiを感じて頂いたり、

ハミングや母音という言葉になる前のサウンドに

いくつかコツをまぜて 体や心に 奏で振動させていくと、

リラックスと共に、心身を滞らせていたものや固まりが、
hibikiという波動と振動によって、浮き上がり、流されてゆく…

それは、心身の深いリラックスだけでなく、

声も通りやすくなったり、 さらにもうひとつのHappy体感が♪


その場にいるみんなと、自他の堺も消え、立場も世代も性別もこえて、

色とりどりの音色があなたを柔らかく包み、満ち満ちていく♪

そんな一石三鳥のひと時を ご一緒しませんか?

現役プロが、現場で得てきた体感と、最先端の原理原則の発声学・量子力学と、

場や氣から感じる知覚から、安心の場の中で、あなたを新たな可能性へつなぎます。

■ボイスヨガの効果

* セロトニンなどHAPPYホルモン・脳神経分泌UP!=精神安定・集中力・記憶力・直感力UP!

* 声の通気がよくなり、無理なく響きやすくなる!

* 血液循環・酸素吸収力アップ=凝りがほぐれ、免疫力アップで身軽なBODYに♫

* 音珠だけで、あるがままの私+一体感調和で愛に満たされる

声=波動=周波数 

という原理を基に、声の質を上げた波動から周波数が変わっていくことで、それぞれの部位が本来の姿に戻ろうと細胞レベルで動き出すのです。

 

■ 特 徴

*ここでは、ヨガのポーズをするのではなく、声の響きを感じたり奏でていきながら、内側へ意識をむけていくワークです。

 

*主に座って行いますが、体内の血行促進や酸素がとりこみ易くなり、肩こりや痛みも ほぐれやすくなります。
 

*ご自身の声が出しづらい、出すことに抵抗がある時は、リードやまわりの声を聴いているだけでも大丈夫です。

*響きの渦の場が、あなたの呼吸を深め、心や体を満たし、穏やかさへと運んでくれる体験をして頂けます。

*周りに合わせず、自分のペースで、その日その時に対応でき、

回を重ねる度に、感度のレベルアップをしていく事ができます。

<ボイスヨガ参加者 一例>

 

世代:3歳〜80歳前後

職業:起業家、ビジネスマン、OL、主婦、歌手、ピアニスト、俳優、タレント、

ヨガトレーナー、スポーツトレーナー、ボイストレーナー、カウンセラー、 セラピスト、整体師、

書道家、大学教授、学校教師、幼児教育者 etc.

ボイスヨガ瞑想 - 一井優希
00:00

■ボイスヨガができるまで

当サロンの「ボイスヨガ」は、 2012年に、長年歌いながら発声学と共に研究してきた「声の音色と振動」が、自分の心身のバロメーターに使える事、また、他者や見えないものともつながる感覚を育てられる事を発見実感して生まれた、Sing-link-Salon-linkのオリジナルワークです。
きっかけは、私の祖母が危篤時に歌を歌ったところ、ふれていた祖母の額から私の手へビリビリと振動を感じ、意識がよみがえりました。その後も歌う時だけ意識が戻り、 1か月延命し安らかな顔で旅立ったのを見送り、その時に何がおきていたのか、声の原点と可能性に立ち返らされました。
そこから、関連書物や裏付けを調べたり波動に詳しい専門家にお話しを伺ったり、インド発祥のマントラや神道他の祝詞などの体験、音叉による波動の影響に至るまで、実感を基に掘り下げながら、自分自身のために体感していく中で、その効用があまりにすばらしいと感じ、周りの方へもシェアしたくなったのが始まりです。

【誰もがもつ声というアイテム】を切り口に、深さはそのままに「幼児からご年配の方までできるスタイル」にブラッシュアップし、「hibikiの質」「体」「エネルギーの流れ」を、自分のペースで知覚し育んでいけるよう、確立されたワークです。

<Q&A